ラジオのFMとAMの違いって何?ラジオを今より2倍お得に聞こう

ラジオ

私は仕事場までラジオを聞いて通勤しています。片道20分で一日40分。ふちFMラジオ、AMラジオの違いって何だろうという疑問を持ち気になったので調べてみました。案外知らない人も多いFMとAMの違い知っている人は鼻高ですよ!!

 

ラジオの仕組み

FMとAMの解説の前にラジオの仕組みをちょこっと解説。

ラジオ放送には、音声を送る側(制作人)と受け取る側(聞き手)がいて成立します。

放送局から出て音声を、電波に変える。→ラジオまで届けてその電波を再び音声に変える。

この一連の流れがあって私たちはラジオを楽しむことができてるんですねぇ。

 

FMとAMの違いは周波数??

放送に使っている周波数にAM波とFM波という周波数があります。
ラジオや車のボタンを操作して局を切り替えるので周波数があるのはご存知の方も多いはず。

ではこの周波数の違いをがFMとAMの最大の違いでしょうか?

答えはノーです。

各放送局から出る電波はただの電波ではなくて、音や映像を乗せた電波です。

電波が物(音や映像)を運ぶような働きをしています。

この電波が音や映像を運んでいく方式の違いが、FMとAMの違いです。

 

おさらい

音声を電波に乗せて運んでいく方式のことを変調と言う。
「AM」と「FM」の違いは、この変調の方式にあると言えます。

 

 

もっと詳しくFMとAM

FMとAMの違いは上で説明した通り。

ここではそれぞれの略称と意味を解説します。

「AM」は「振幅変調(Amplitude Modulation)」の略。

音声に合わせて電波の振れ幅(強弱)を変化させる方式なんだって。

AMに使用される電波は526.5~1606.5kHz。AMのほうが歴史は長くて使用されるようになってから100年は経過しているんです。少し音質が劣るのがデメリットでしょうか。

スポーツ番組やトーク番組が多い印象ですね。

 

「FM」は、「周波数変調(Frequency Modulation)」の略。

音声に合わせて周波数を変化させる方式なんだって。

FMに使用される電波は76~90MHz。単位が違うことにも注目。

周波数の範囲が広いため高音質です。音楽番組が多い印象。

 

うーん若干理解しがたいけど、FMとAMは放送局の違いではないってことくらいが分かっていればOKだと私は思います。

 

ラジオには音波と電波が欠かせない

先程説明したとおり、電波に音や映像を乗せて運ぶことで私たちはラジオを聴くことができています。

音波も電波も同じ波ですがその大きさには違いがあります。

波のイメージで例えるなら、音波は大波、電波はさざ波。

ラジオは電波に乗せて音波を運びますね。
つまり電波(さざ波)にのせて音波(大波)を運ぶということになります。

そこでAMでは、波の山の高さを音波の振動に合わせて、それに変えて送るとい方法をとっています。しかし、欠点もあり、雑音の影響を受けやすいです。

FMでは、波の粗密を変えて大きな波の形にします。音波の山の部分には電波の波の密度を高くし、谷も部分は波の密度を低くしています。

 

テレビもFMとAMでできている

テレビの音声はFM、映像はAMで送られています。

雷など自然災害時に映像は乱れが生じているのに、音声はきちんと聞こえているということがあるのはこの方式の違いによるもの。これはFMがAMよりも雑音の影響を受けにくいからです。

 

衛星放送の電波はどうなっているの

衛星放送はPCMという方法を使っています。これは音波を細かく分けて〇から255のコードに分類し、さらにこのコードを〇か一の二進法で表して電波に乗せています。デジタル化というものですね。身近なものだとCDもこの音をデジタル化する方式が使われています。
FMよりもさらに雑音の影響を受けにくいので音質がきれいです。

 

音が良いFM、聞ける範囲が広いAM

車ってちょっと電波が悪くなると聞こえづらくなったり、電波が込み合っているところでは音声が乱れてしまうこともしばしば。

FMとAMそれぞれの特徴を知ることでストレスなくラジオを楽しんでしましましょう。

FMは音質がAMよりもよく、なおかつ雑音の影響を受けにくいので、音楽番組に向いています。実際にFMは海外のおしゃれな曲が流れていたり、視聴者からのリクエストに答えて局を流したりしていますよね。

AMは聞ける範囲が広いというメリットがあります。同じ番組を移動中ずっと聞いていたいという方はAMがおススメ。

 

ラジオ好きに送るおススメアプリ

少し前まではラジオはラジオか車の中で聞くものという印象が強かったですが、時代が進んだ現在ではラジオがアプリで聞けちゃいます。

radiko.jp

このラジコは今いるエリアの放送局を聞くことが可能。例えば沖縄にいるのなら沖縄エリアで聞けるラジオを聞くことができます。スマホだけでなく、パソコンでも聞けます。

radiko.jp

iPhoneの方はこちらから

Androidの方はこちらから

 

「radiko.jp」にはプレミアム会員というサービスがあります。月額350円で全国のラジオ局を番組を聴くことができるというすごいサービスです。転勤してしまい前いたところのラジオが恋しいなんて方にはもってこいですね。ラジオフリーという機能は過去一週間に放送された番組なら後から聞けるよってサービス。一部スポーツやタレントさんによっては聞けないものもあるのでその点はご了承下さいませ。
残念ながら国内限定サービスのため海外は聞けません。

海外向けの番組が聞きたいわって方はこちらがいいですね。

 

TuneInRadio

TuneInRadioは海外のラジオ番組を聴くことができるアプリ。
このアプリで世界中のラジオを楽しむことができます。
日本のものもいくつかありますが、ほとんどが海外のラジオ番組です。約10万あるの放送局にアクセス可能。
サイトは日本語表示のため、見やすく操作も簡単です。好きな海外アーティストがいる方は検索機能も充実しているので要チェックです。

iPhoneの方はこちらから

Androidの方はこちらから

災害時にも備えておきたいポータブルラジオ

ソニー SONY ポータブルラジオ ICF-B09 : FM/AM/ワイドFM対応 手回し充電対応 ホワイト ICF-B09 W

こちらは手回し式のラジオなので乾電池がなくても使用可能。電池を入れる場合は単3電池2本。手回し充電でなおかつスマートフォンの充電もできる優れもの。災害時などにも大変重宝する一台でラジオ&充電器の2通りの使い方ができます。握りやすさやデザインも優れていて一見ビデオカメラのような見た目です。AMラジオをFMの周波数で聴けるラジオなので、ビルやマンションなどAMが入りづらい場所でもクリアな音を実現してます。

 

 

パナソニック ラジオ FM/AM/ワイドFM対応 シルバー RF-P155-S

コスパで選ぶならこちらのラジオ。Amazonでもよく売れているベストセラー商品です。

機能性も問題なく、安くてもしっかりと動いてくれます。どこのメーカーか分からない商品に同じ値段を出すのは勿体ないですよ。

デジタルチューナー搭載で選局が簡単「らくらくチューニング」でチューニングの操作が簡単。チューニングを厳密にしなくても、自動で最寄りの放送局にチャンネルを合せてくれる。ノイズも少なく、快適な聴取できる。

 

 

東芝 ラジオ TY-SPR3

防災用グッズとして人気が高い商品。その一番の魅力はやはりコンパクトな点。
(幅)55×(高さ)90×(奥行)15mm(ボタン・ツマミなどの突起物を含まず)
質量:約57g(乾電池含まず)と小さくて軽い点が重宝されています。

シンプルな設計で操作もらくちん。時計と目覚ましの機能も搭載されてます。

 

 

まとめ

  • FMは音質がAMよりも良いので音楽番組を聞くと良い
  • AMはあFMよりも聞ける範囲が広い
  • 全国のラジオ番組を聞けるアプリがある(スマホ、パソコンどちらでもOK)
  • 日本のラジオなら「radiko.jp」、海外ラジオなら「TuneInRadio」
  • 災害時に備えてラジオを備えておくことは大切