【電脳せどりリサーチ】Simple = Select + Search

電脳せどり初心者にとって、リーサーチって苦手な方が多いと思います。

商品のJANコードを右クリックでコピーして、

モノレートの画面に切り替えて貼り付ける。

利益が出なければ、また、コピーして貼り付け。

同じ作業を延々と繰り返します。

結局、苦労して調べた商品が全然利益が出なかったりすると

誰か助けてーって叫びたくなります。

そんなすごく手間のかかる作業を高速&ストレスフリーで検索できちゃう

拡張機能が存在します。

今日は、電脳を効率化&時短にはかかせないグーグルの拡張機能

「Simple = Select + Search」

をご紹介します。

 

拡張機能の入れ方

まずはGoogleのトップ画面に行きます。

右上の点々が3つあるボタンを押します。

設定

拡張機能

一番下の他の拡張昨日を見る

 

検索窓にタイトルを入力後Enter

 

+CHROMEに追加

 

拡張機能が入りました

 

カスタマイズ

デフォルトのままでは使い勝手が悪いので自分のお好みに

カスタマイズしていきます

 

次のような画面が出てきます

 

-ボタンを押して全部消していきます

最初は外国のAmazonが入っているので、注意!

画面下のAMAZON JPをクリックして入れましょう

こんな感じで入ります

他にもいくつか入れていきましょう

入れ方

  1. ①を押す
  2. ②に登録名を入力
  3. ③にURLを入力
  4. 最後に①を押す

 

入れておくと便利なサイト

モノレート

http://mnrate.com/search?i=All&kwd=%s

 

ヤフオク

http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?p=%s&ei=UTF-8

 

メルカリ

https://www.mercari.com/jp/search/?keyword=%s

 


 

設定後、後からサイトを追加したい場合は

拡張機能のオプションをクリックするとできます。

 

実践編

設定が完了したらリサーチしましょう

リサーチする商品のタイトルや、JANコードを

マウス左を押したまま横にずらして

右クリックするとSearchが出てきます

 

 

 

カーソルを合わせてそのまま、調べたいサイトをクリックすると

サイトに飛ぶことができます

これで時間を短縮してリサーチができます

 

応用編

商品名・ASIN・JANコードに対応している「Simple = Select + Search」ですが

もうひとつ便利な使い方があります。

出品する商品が増えてくると、出品制限がかかっていて出品できない商品ってありませんか。

私もかつて仕入れたのに出品制限がかかっていて失敗してしまった事があります。

そんな時に知ってると便利な方法がこちら!

自分がAmazonで出品できるかどうかを一発で確認できるんです。

これを読んだ人はぜひ活用してみてください。

まず、セラーセントラル→商品登録

ここに「TEST」と入力し「検索」(全角・半角どちらでも可)

上に出てくるURLに注目

「TEST」という文字を探してください

「TEST」を半角の「%s」に変更します

 

拡張機能を入れている方は右上のこのマークにカーソルを合わせてオプションを選びます

右上の「+」を押すと新規追加できます

「Name」に「出品制限確認用」

「URL」に「https://sellercentral.amazon.co.jp/productsearch?q=%s&ref_=xx_prodsrch_cont_prodsrch」

 

これで設定OKとなります

ヤフオクや楽天など他ネットショップの商品名やASIN、JANコードなどでも検索できます

 

一度やってみましょう

例えばこのヘッドフォン

 

ASINを選んで右クリック

 

Search

 

出品確認用

すると商品登録ページへ飛びます

この場合、見方は

「中古」は「出品する」なので、出品OK

新品はどうでしょうか

「新品このブランドには出品許可が必要です」「出品許可申請」と表示されてます

 

私の場合、まだSONYのブランド許可申請をしてないので、出品できるのは中古のみになります。

このように、「出品許可申請」と出てくるものはカテゴリ申請や、ブランド申請を通してからでないと出品できません。迷ったら、この方法で確認してみて下さい。

DDSメンバーにブランド申請を通した方がいて、この前直接お会いした時にその具体的な方法をお聞きしました。

やっぱり情報って大事ですね。私も教えてもらってばかりではなく、何かお返しできるように日々知識を増やして為になる情報を流せるように勉強します。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。