スズメ撃退法を伝授|対策法を紹介します

スズメ 

最近、我が家の玄関にスズメがやって来て困っています。

我が家はアパートの1Fで玄関のすぐ横が寝室です。

朝はスズメの声で目が覚めます。

スズメの鳴き声は可愛いのですが
我が家にやってくるスズメは糞を大量に落としていきます。

スズメがやってきているのは早朝のようで、
朝の出勤時、ドアを開けると飛び立っていきます。
玄関横の窓枠の上に数匹でやって来ているようです。

ふと隣の家に目をやると、玄関前にモップが立てかけられています。
どうやら、ご近所でも同じような被害に遭っているようです。

我が家もさっそく清掃開始。
直接手に触れないようにビニールを装着し、ティッシュで清掃。
しかし、固まっていてびくともしません。
結局ウエットティッシュで何とか汚れをふき取ることができました。
お隣のモップにも納得がいきました。

そこで今回は、鳥の糞被害の具体例からスズメ撃退グッズまで
徹底的に調査しました。

 

スズメによる糞被害

 

・悪臭

・洗濯物や車、軒下やベランダが被害に遭うことが多い

・糞による害虫の発生
(鳥由来のダニ:スズメサシダニ、トリサシダニなど、
 中には人間の血を吸う恐ろしいものまで存在する)

 

おススメのスズメ除けグッズ

昨今、たくさんの防鳥対策グッズが販売されています。

商品の多くは、カラスやハトには効果を発揮するようですが、
同じ商品でもスズメには全く効果がないという商品が多かったです。

これは、鳥の習性や備わっている本能の違いが原因と言われています。

スズメに効果の出る商品は少なくて探すのに一苦労でした。
今回紹介したグッズはスズメに有効なものだけを厳選しています。お悩みの方はぜひ一度試してみてください。

 

防鳥ホログラムテープ

VisualScare(ヴィジュアルスケア)は米国ブランドの害虫対策商品です。

防鳥ホログラムテープは、田畑など屋外にある様々な場所で効果を発揮します。 

被害を防ぎたい場所の外周に沿ってテープをのばし
螺旋状に巻いて使用するだけで設置も簡単です。

 

効果
・独特の立体感と光沢感にで3Dホログラフィック効果を
 持つ虹色のテープが太陽の光を反射させ害鳥を近づけさせない
・反射する光が点滅するため害鳥を脅かし遠ざける 
・テープを増やせば増やすほど、大きな効果が得られる 
・屋外であればどのような場所でも簡単に設置可能 

 

ハートジェル

名前の通り鳩(ハト)に効果がある商品ですが、
スズメが来るところに使っても、やってくる数が激減したという声もあるので、
ご安心を。

使用方法

①使用前にハートジェルを添付する箇所をきれいに掃除します。
②添付する面の糞やほこりは取り除き、巣がある場合は巣を取り除いてから使用します。

鳥が止まる場所に必要な量を添付するだけ

なので手軽で、建物の美観も損ないません。

ジェルのべたべたした不快感と特殊成分(カプサイシン、メントール)が鳥を寄せつけなくします。
なんと撃退効果は1年以上持続するとのことでコストパフォーマンスが良いのも魅力的です。

効果
・鳥を傷つけずに撃退できる
・ベタベタした不快感と特殊成分(カプサイシン、メントール)が鳥に効く
・器具やネット等の取り付けと違い、建物の美観を損わない
・耐候性、耐熱性に優れ、200℃の高温でも流出しない(夏でもOK)
・効果が1年以上持続する

 

鳥よけフクロウ

鳥よけフクロウは、フクロウを模して作られた製品です。
耐久性を考えて作られており、すぐに壊れたりすることもない
フクロウは小鳥やネズミ類などの小動物の天敵とされており、フクロウを模した製品はただ置くだけで対象の害獣・害鳥へと効果があります。  

効果
・ハト、スズメ、カラス、ムクドリ、ヒヨドリなどを怖がらせて追い払う
・害鳥の農作物被害、フン公害などに効果的
・耐久性に優れた構造 
・底部分を取り外し重りを入れることによって製品の重量を変えることが可能(製品重量499g)
・景観を損なわず害鳥駆除が可能

 

超音波式鳥撃退器

被害箇所に設置しておけば、動物の動きを赤外線センサーが察知
嫌がる周波数帯の超音波や光を自動的に放射して遠ざける事が出来ます。
動物を傷つけることなくフンや尿を防ぐことができる

操作方法も簡単で、右のダイヤルで撃退したい動物を選んで設置するだけ。

機能説明

【赤外線センサー搭載】⇒動物を感知して超音波を発動

【LEDストロボライト】⇒夜行性の動物にも効果を発揮

2つの効果で動物が逃げていくという仕組み。

右のダイヤルは0~5まであり、撃退したい動物に合わせてセットするだけ

左のダイヤル:検知感度を調整することで検知範囲を調整することができます

右のダイヤル
– 0:電源OFF
– 1:13.5~17.5kHz ネズミなどの動物に有効
– 2:15.5~19.5kHz 犬やきつねなどの比較的大きな動物に有効
– 3:19.5~23.5kHz 猫や犬、鳥などに有効
– 4:強いフラッシュ
– 5:超音波とフラッシュ:うえの1~4のすべてのモードを順次実施する。

効果
・防水設計で悪天候でも使用可能
・動物を傷つけず環境にも無害で優しい
・ソーラー発電で電気代不要。日当たりの良くない場合はUSB充電ができる。
・周波数を合わせれば色々な動物に対しても効果を発揮(鳥は右ダイヤル3又は5に合わせる)

 

自己流対策法(お金をかけたくない人向け)

でも、鳥商品にお金かけたくない。というのが本音。鳥の糞被害にあい、なおかつ自分のポケットマネーまで支払わないといけないなんてあんまりですよね。
そこで、私がダメもとで行った手法を公開します。
一応これでその場所にはスズメはこなくなりました。

1.家の中にある一番目立つ色のビニール袋を探し出す。(お菓子屋さんの真っ赤なビニール袋を使いました。)

2.鳥がとまっていると推測される場所に、セロハンテープでビニールを固定
(セロハンテープを画像のようにくるっと丸くしてビニールに貼り付けます。高い場所の時は傘の先端を使ってエイヤーと気持ちを込めてぐりぐりしてつけましょう)

 

風でとばされないように多めにセロハンテープをつけます

 

(家の中で再現中)

 

3.ビジュアルはまぁまぁですが試しにつるしてみたところ糞被害がなくなりました。

私がやって効果が出ただけかもしれませんので、被害がなくならないというクレームはご勘弁を!
お金をかけず、すずめも来なくなったらラッキーくらいの気持ちでやってみてください。

わが家は荷物の配達員さんやお客さんが呼び鈴をならすとモニターに自動録画されます。最近録画映像を見るとみんな左上を見上げているのでなんでだろうと思っていました。
理由は私が取り付けた、赤いビニール袋が風でゆれているので、不思議に思っていたんでしょうね。見た目はあんまりですが、効果がなければ外せばよいのでリスクゼロですよ!

後日談
玄関にスズメは来なくなりました。
ただね・・・

 

 

ベランダがやられたー。

昨日の夕方洗濯物を入れるときは被害ゼロ。翌日の朝この状態です。
あぁ、クロックスもどきの左かかと部が重大な被害!!(泣)
しかも、この糞の形はスズメじゃない気がする。(戦ってきたものだけが分かる糞の形)
よーし。こっちもビニールつけるぞー!!

鳥との戦いはこちらの記事でも書いています

よろしければどうぞ

⇒⇒⇒鳥の糞で車が汚された!電線からの被害にはコレが効果的!

 

3 Comments

現在コメントは受け付けておりません。