大東建託から家賃値上げの通知書が届いたあなたへ贈る!これで完璧!知って得する交渉術!

tegami1

大東建託のアパートに住み始めてそろそろ2年。契約更新は2年に1度あり、自宅に同意書が送られてきます。わが家も送られてきた同意書を開封。同意書には家賃が「2000円値上げ」されると書かれていました。

tegami2

たかが2000円、されど2000円。年間にすると24000円です。
節約に励んでいる我が家には痛い出費。絶対に値上げには賛成できません。

私は情報を手当たり次第、拾い集めました。
その結果、家賃を値上げされず、同じ金額を払って住み続ける方法を手に入れました。

私がとった行動をこれから詳しく解説していきます。

同じように家賃値上げの通知が来てお困りの方、
値上げになるなら引越しをと考えている方。

誰でもできる簡単な方法があります。

私はこの方法で成功しましたので、ぜひあなたも同じよう真似してみてください。

この値上げの件について、実は事前に弁護士さんに相談し、既に書いています。

関連記事>>>大東建託から家賃の値上げを言い渡されたので弁護士に相談した

Wordで大東建託に送る文書を作成する

ではまず初めにWord等文章が作成できる画面で実際に大東建託宛に送る文章を作成しておきます。こんな感じの文章です。あとでファイルを読み込みますので保存場所をデスクトップなど分かりやすいところにしておきます。tegami4

 

郵便局のe内容証明サービスを利用しよう!

私は今回の件があるまで、このサービス内容を知りませんでした。

簡単に説明すると、自分が相手に送る手紙の印刷・照合・封入・封かんを郵便局が代行して行ってくれるというサービスです。

万が一相手が、文書など届いていないと言っても、郵便局に証拠が残っているので、裁判などになった場合にも強力な証拠になってくれるというわけです。

郵便局に行かず、パソコンがあれば24時間いつでも自宅から送付できるのはありがたいです。

私はこちらの『FIOLA』というブログを参考にさせていただきました。ありがとうございました。

 

ではさっそくe内容証明サービスのやり方を説明していきます。

まずは郵便局のサイトへこちらから

 

ご利用の流れ→専用のWebサイトをクリック

e1

(利用するには無料の利用登録が必要。ちょっとめんどくさいけど我慢)

初めて利用する人は、「新規利用登録」をクリック

e2

 

「次へ進む」をクリック

メールアドレスとパスワードを入力後、「次へ進む」をクリック

e4

 

e5

仮登録内容に間違いがなければ「次へ進む」をクリック

e6

登録したメールアドレス宛にメールが届くので、メールを開き、URLをクリック

e7

本登録開始画面でパスワードを再度入力し「ログイン」をクリック

e8

本登録に必要な情報を入力して「次へ進む」をクリック

 

e9

「クレジット決算」、「料金後納」どちらかをクリック(私はクレジットにしました。)

e10

クレジットの人はカード番号を入力し、「次へ」を押して「ログイン」をクリック

e11

 

e12e13

 

これで会員登録と支払い方法の選択までが完了。

 

かんたん差出しで送る

 

会員専用メニューの「かんたん差出し」をクリック

かんたん差出し1

「ファイルを選択」→「次へ」
※ファイルは事前にWord等で作成した文書を選択しましょう。

かんたん差出し2

差出人登録画面になるので必要事項を全て入力

かんたん差出し3

受取人登録画面になるので必要事項を全て入力し画像を参照してするしないにチェック

かんたん差出し4

登録内容確認画面になるので、間違いがないか確認します。

かんたん差出し5

文書確認画面になるので、内容を確認します。画像のように赤枠内はすべて確認しましょう。

最後に「差出し」をクリック

かんたん差出し6

 

これで完了です。お疲れさまでした。
(郵便局のサイトは使いづらくてログインできませんという表示が出ることがあります。何度やってもできないのでその場合は30分経ってから再度ログインすると入れます)

 

 

後日自分の住所宛に、送付した文書と同じ書式で手紙が届きます。
こんな感じで送られたんだと確認できる点も安心です。

tegami3

 

手紙を送った結果は?

さて手紙を送った日付が12月24日でした。
それから連絡は一切なく、ちゃんと届いているのか不安になり始めた頃、
大東建託から一本の電話が…。

女性の方で、

「今回オーナー様と相談させていただいた結果、家賃の値上げはなしで、現状の家賃をお支払いいただくということで話がつきましたので、ご連絡です」という内容でした。

つまり、家賃の値上げは一切なく、今までの家賃で住み続けることができることになったのです。

文書を送るにあたってはある程度の知識が必須です。
私は弁護士に相談してあらゆるケースを想定して文書を送ることに決めました。

送る前に一度この記事は読んでおいて下さい。

大東建託から家賃の値上げを言い渡されたので弁護士に相談した
住み始めて2年弱でまさかの家賃値上げの通知書が届きました。アパートを借りる際、不動産屋や大東建託からは契約更新の際に家賃値上げになるなんて話は聞いていません...

 

手紙を送った人と送らなかった人の行く末

私は1Fに3つ部屋があるアパートの真ん中の部屋に住んでいます。
角部屋は入所の時から2000円、中部屋より料金が高かったのを覚えていました。

今回の値上げは中部屋と角部屋の差をなくすための値上げなのか気になり、お隣さんに質問してみました。

すると

「ええ、来てました。2000円アップで。契約書はもう送りました。
いやぁ、困りますよねぇ本当」という返答。

つまりそのまま何も疑問をもたず同意書にサインした人は今後未来永劫ずっと2000円の値上げの料金を払い続けないといけなくなります。

わが家より家賃が2000円高かったお隣さんは今回の家賃値上げで、我が家より4000円も多く家賃を支払っているということになりますね…。ブルブル。

 

 

まとめ 

本当に知っているか知らないかで人生損をしたり、得をしたり。

今回私はこのようにうまくいきましたので、ぜひ困っているかたは参考にしてみてください。ただし、今回はたまたまこのような形で決着がつきましたが、すべての方に効果があるという保証はできませんので、そのへんは自己責任でお願いいします。

 

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。