妊娠中にリラックスできる飲み物|レモネードを自分で作ったよ

lemon

妊娠中に飲んではいけないものってたくさんありますよね。

お酒、たばこはもちろんのこと、コーヒーや緑茶に含まれるカフェインも飲みすぎは良くない。

じゃあ、何を飲めばいいのよって嘆きたくなります。

つわり時期などは気持ち悪くてすっきりした飲み物を体が欲するし、
病院では気持ち悪いときは「炭酸水」を飲むとげっ〇が出て気持ちいいけどね。
とアドバイスをもらいました。先生曰く、炭酸水は加糖じゃなくて無糖じゃないと太るよとのこと。

無糖の炭酸水は苦手なので、自分で見つけ出した、妊娠中でも安心、リラックスできる飲み物を今回は紹介していきます。

 

妊娠中リラックスできる飲み物って?

lemon2

 

今回私が自作した飲み物は「レモネード」です。

たまたま4個レモンをもらったのがきっかけ。
レモン4個。何かに使えないかと考えた時、妊娠初期のつわりがひどいときだったので、
レモンに含まれるビタミンCやクエン酸を摂取できればいいなと思い、
レモネード作りを決意。

色々レシピを検索しまくって、自分流レモネードの作り方を編み出したので、紹介していきます。

妊娠中でも飲めるレモネード

 

用意するもの

lemon3

 

lemon4

・透明の大きめの瓶
(100均で買いました。容量は500mlにしました)

少し前にメイソンジャーって流行りましたよね。使わないまま放置している方。
メイソンジャーの出番ですよ。

 

・白砂糖 120g

 

・レモン 4個

 

・はちみつ 大さじ4

 

ポイント

レモン1個に対して砂糖30g、はちみつは大さじ1と覚えておくといいです!

 

妊娠中でも飲めるレモネードレシピ

lemon5

1.レモンを水洗いします。水分はキッチンペーパーで拭き取ります。

薄くスライスしていきましょう。

 

lemon6

 

2.瓶などに、半分の量のレモンを入れます。分量の半分の砂糖とはちみつを入れます。

その上に残りのレモンを入れ、砂糖、はちみつの順に入れます。(同じ作業を2回繰り返す)

 

 

lemon7

3.瓶を軽く上下に振って、そのまま10分ほど放置すると水分が出てきます。瓶の半分くらいに水が上がってくるの確認してください。

 

lemon8

4.半分ほど水分が出たら、冷蔵庫で冷やします。冷蔵庫に入れることで、さらに水分が出てきます。1日くらい置いたら完成。

余談

レモンを切断するとちょうど種を半分に切ってしまいました。

その種の形が「ハート型」だったのでちょっと感動!

lemon9

 

 

レモネードのおいしい飲み方

lemon10

1.夏は冷たいレモネード

シロップ大さじ2に水100mlで割りましょう。

2.冬はホットレモネード

シロップ大匙2に水100mlで割りましょう。甘さがもう少し欲しい場合は、
はちみつをプラスすると◎

3.炭酸じゅわじゅわのレモネード

シロップ+炭酸水で割りましょう。

4.紅茶+シロップ+レモンを上に飾る

紅茶で割ってレモンティーもいいですよ

 

レモンに含まれる栄養素にはいいことだらけ

lemon11

・ビタミンC

ビタミンCには風邪予防の効果もあります。コラーゲンの生成にも影響するので
しみ、たるみのない肌目指すにはもってこいです。

・クエン酸

カルシウムなどのミネラルを体に吸収しやすくしてくれる役割があります

・エリオトシン

聞きなれないエリオトシンですが、ビタミンPの一種。抗酸化作用があり、錆びない体を
作ってくれます

・カリウム

カリウムは体内の塩分濃度を調節してくれる働きがある

 

・リモネン

レモンに含まれる香り成分のことを「リモネン」と言います。レモンの甘酸っぱい香りこそ、
リモネンです。このにおいは脳をリラックスさせてα波を出してくれる働きがあります

レモンには様々な栄養素が豊富に含まれていて、体にとってメリットがたくさんあることが
分かりました。健康志向の高い方にもっとレモンードは飲まれていいのかもしれませんね。

 

レモネードを飲むと意外な効能が

さらにレモネードには上記以外にも嬉しい効能があります。
もう少し、我々が年をとると気になるのが、生活習慣病。
若いうちから気を付けておくことで、その予防効果も期待できそうです。 

・メタボ予防

・骨粗鬆症の予防

・体内リズムを整える

レモネードを飲むだけでで以外な生活習慣病まで予防できるのなら、
ジュースは控えてレモネードを飲む価値は十分ありますね。

 

レモネードは体重増加が気になる人にもおすすめ

私の場合、つわりで嘔吐することもありましたが、食べつわりだったこともあり、
嘔吐した分だけお腹が空いて深夜にお腹が空いて、冷蔵庫をゴソゴソ。
あっという間に体重増加。検診時、先生に体重のことで注意されないか、
いつもソワソワしていました。

そんなときに限って、お茶ではなくて、ジュースや砂糖たっぷりの炭酸飲料が飲みたくなるんですよね。

そのジュースをレモネードに置き換えるだけで、ビタミンCやクエン酸がとれるなら、言うことなし。そのうえ、体や美容にもいいからおすすめです。

 

実は流行っている「レモネードダイエット」

lemon12

実は、今若い子の間でも「レモネードダイエット」が流行っています。

「レモネードダイエット」のことを「マスタークレンズ」や「レモンデトックス」ということもしばしば。

 

どちらも健康法の一種としてられていて、ジュースファスト(ジュース断食)、
つまりレモネードを飲んで断食するってことです。

デトックス効果や、余分な脂肪を落とし痩身にしてくれると話題になっています。

その起源をたどると、アメリカのスタンリー・バローが今から60年ほど前に考案した方法で、もともとはダイエット目的ではなく、潰瘍の治療法として用いられていました。
医学的にも活用されていただけあって、現代では「レモネードダイエット」として人気が
再燃しているようです。

楽天でもダイエット商品で1位に輝いたことがある
「マスタークレンズダイエット」は口コミ、話題性ともにあついですね。

私も出産後本気でダイエットをする時は、健康にもいいことが
分かったので、この「マスタークレンズダイエット」に挑戦してみようと思っています。

<<<【マスタークレンズダイエット】

まとめ

妊娠中でも安心して飲めて、リラックスできる飲み物。
レモネードはこれからブームがやってきそうな予感。

レモネード作りは簡単だし楽しいですよ。

つわりなどでつらい妊婦さんも、自分で作ったレモネードの味は格別です。

気分が悪すぎてそれどころじゃないって方は、こんな商品も出ているので参考までに。